ホーム> スタッフブログ > 技術情報 Archive

技術情報 Archive

トムソン型(ビク型)ができるまで【設計編】

やっと春めいてきましたね!気温は真冬の日でも体感温度はそれほど寒くないように感じます。少しずつですが、確実に春が近づいているようです。

さて弊社では、ご希望のお客様に工場見学(主にトムソン型(ビク型)の製作現場)をご案内させていただいてます。
ベニヤのレーザーカットや刃曲げの工程を説明すると、興味津々でご覧になられる方が多いですね。皆様モノ作りを生業にしてらっしゃるだけあって、面白いという感想をいただきます。かくいう私も入社当初は現場を見るだけでワクワクしていました。

簡易型なんて言われるトムソン型(ビク型)。最短で即日発送もさせていただいていますが、実は1つの抜型が出来上がるまでの工程は少なくありません。

  1. 【設計】図面をデータ化、または支給データ(dxf、ai等)をCAD/CAMで編集→NCデータ出力
  2. 【レーザカット加工】出力されたNCデータをもとに、「レーザー加工機」でベニヤをカット
  3. 【刃曲げ】NCデータをもとに、「刃曲げ機」で刃を曲げ加工
  4. 【調整】職人の手で曲げ加工した刃を調整→埋め込み
  5. 【完成】測定や溶接加工など

そこで、トムソン型(ビク型)が出来るまでの工程を紹介したいと思います。
まずは1.【設計】です。

お客様より支給された図面をCAD/CAMでデータ化、または支給していただいたデータをCAD/CAMで編集し、工作機械を動かすためのNCデータを出力します。ベニヤをカットする「レーザー加工機」と定規のような刃を曲げる「刃曲げ機」のどちらもNCデータが必要です。

データ編集の順番は、

  1. CAD /CAM でデータ編集
  2. 加工機を動かすNCデータを出力

ここまでが設計の仕事で、パソコンと多種のソフトを駆使(?)して日夜業務しています。以下よりもう少し詳しく説明させていただきます。

1.CAD/CAMでデータ編集

cad_cam-1.png

図面または、支給していただいたデータをもとにCAD/CAMで編集いたします。データはdxfファイルやeps(ai)ファイルはもちろん、pdfファイルやxlsファイルでも寸法図さえあれば編集いたします。図面もデータも無くて、現物しかない...。という場合でも、データ取りいたします。

CAD/CAMに入力したり取り込んだ支給データに、レーザーカット幅(0.7mm)の補正や、細かすぎるパスデータの簡略化や、刃が埋まる溝の途中にブリッジという切れない部分を追加など、"抜型を製作するために最適なデータ"に編集します。簡単そうに見えますが、実はレーザー加工機の特性と形状に合わせた細かい補正などノウハウを注ぎこんでいるんですよ!キリッ!

2.加工機を動かすNCデータを出力

cad_cam-2.png

CADでの編集を終えたら、今度はCAMからNCデータを出力します。CADとは、Computer-Aided-Design/コンピュータ支援設計、CAMとは、Computer-Aided Manufactureing/コンピュータ支援製造の略で、図面編集などの設計部分をCADで、NCデータへの変換部分をCAMが担っています。NCデータとは工作機械を動かすためのプログラムで、主に座標値などが書かれています。そのプログラムには、「x=○○・y=○○からx=□□・y=□□まで毎分1000mm進むスピードで動きなさい」という命令が上の画像のように書かれています。CADで書いた図面と同じ形にレーザー加工機が動くように、CAMが自動で出力してくれます。これも簡単そうに見えて...1クリックで自動で出力されるので実際に簡単なのですが、これもレーザー加工機の特性に合わせてCAMソフト本体の修正と調整を、時々ソフトメーカーに依頼しているんですよ!キリッ!

ざっと説明いたしましたがいかがでしたか?ご不明な点などありましたら担当までお問い合わせください。

次回は2.【レーザカット加工】編で肝心かなめのレーザーカットについて紹介したいと思います。

大型の抜型製作もできます

寒波に襲われていたある週末、奥武蔵の山に行ってきました。
朝は暗いうちから出かけたのですが、地元でも雪が薄く積もっていましたよ。

空気も澄んでいたおかげで、頂上からの展望は絶景icon:face_smile
遠くには建設中の東京スカイツリーが見えました。標高はわずか900m程の低山で、直線距離にして70kmもあるのですが、あの独特の形も判別できました。

okumusashi-1.jpg

途中、5cmはありそうな分厚い霜柱を発見。踏んでも崩れないほどカチカチに凍っていました。

okumusashi-2.jpg

風も強く、気温は一日中氷点下でしたが、日なたにでると暖かくてホッとしました。冬はあまりオススメではありませんが、冬にしか見えない景色を見に行くのも良いですね!


さてさて、弊社では山のように巨大な型は作れませんが、大きめの型製作には自信があります。
今までたくさん作ってきた、自動車の座席用抜型やエンジンルームの遮音断熱材用抜型は、色々な形のパーツをひとつの抜型に組み込むため、どうしても型サイズが大きくなります。特にサイズの大きい型は、耐久性、刃の抜け、メンテナンス性(刃交換)など、小さいサイズの型では問題にならないようなことも問題に...

ベースに使われているベニヤのサイズも規格があって、最も大きいもので1800mmx1500mm。
2m超サイズの抜型も珍しくないのですが、そんな時はベニヤを繋げて製作します。

サイズに比例して、プレスする圧力も大きくしないと抜け切れませんが、そこで問題になるのが刃の抜け。材料などに食いついてベースから刃が抜けてしまうこともあるそうです。

そんな時はボルトで補強します。

biku-big-1.jpg

刃の外側やベースの外枠は鉄の角棒でガッチリ補強します。

biku-big-2.jpg

弊社の工場長は、元大工。
木工はお手の物で、大工ならではの技術とアイデアがたくさん使われています。

kouzyoucyou-1.jpg

最近では様々な業種のお客様からのご依頼、お問い合わせも増えています。特に、大きなパネルに使われる材料抜きに多面付で...というご依頼が急増中です。

「材料の歩留まりが悪くて...」とか「型の耐久性をあげたい...」といった問題解決にもお役に立てます。ぜひ一度お問い合わせください!

打ち抜き加工もやってます

先日、娘の誕生会でチーズフォンデュを食べました。
子どもたちのクリスマス会で作ったところ大好評だったようで、主役のリクエストでした。ちょっとセレブっぽい料理でテンションあがりそうでしたが、簡単節約料理だそうです。

専用のチーズも売っていますが、ピザ用のとろけるチーズ、牛乳、粉チーズで代用。
卓上コンロに乗せた鍋にチーズと牛乳を入れて弱火でコトコト。味付けは適当で。一緒に片栗粉を混ぜるのがミソだそうです。少しおろしにんにくを入れるのも良いです。

用意した具材は、茹でたにんじん、ブロッコリー、ジャガイモ、ソーセージ、小さく切ったフランスパン。好きなものをフォークに刺して絡めて食べるだけ。お招きしたおじいちゃん、おばあちゃんにも大好評でした。鍋の大きさ次第で大人数もOK。

おなかいっぱいで残してしまった具材は、翌朝の朝食になって出てきました。節約料理というのも納得w

閑話休題。

 

製品紹介のページでも紹介させていただいていますが、弊社では打ち抜き加工のサービスも提供しています。30tの油圧プレス、10tのエアプレスを用意しています。

30tプレスのテーブルサイズは1050x600あります。主にトムソン型(ビク型)での加工をしています。

油圧プレス

10tエアプレスのテーブルサイズは450x300。主にピナクルダイ、モービルダイでの加工をしています。こちらは順送抜きも可能です。

エアプレス

検定品やサンプル抜き、量産も可能です。短納期にも対応いたしますので、担当までお問い合わせください。
抜き加工サービスの他に、抜型屋にプレス機があることのメリットを紹介いたします。

型のご注文の前に...

この材料はビク型で抜けるの?ピナクルダイで問題ない?といった型選定の相談も受け付けています。テスト用の抜型を用意していますので、材料を実際に抜いて、抜きあがりの確認していただけます。特にスジ押しやハーフカット刃の選定など、テスト型で抜き加工をして仕上がり具合を素早く確認できます。

抜き加工で問題発生したときは...

きれいに抜けない...シワがよる...などの問題があったときにも相談ください。型の作り方やはねだしゴムの厚みや貼り方を変えるだけで改善することがほとんどです。

型の調整サンプル抜きサンプルチェック型の再調整問題解決

といった工程が弊社内の設備で出来ますので、抜型の行き来がありません。問題解決の時短テクニックですね。

どうしても明日までに納入したい...

特急対応にも協力させていただきます!抜型が到着してからの抜き加工だと間に合わない...という時もお任せください!抜型の完成と同時に抜き加工をして、エンドユーザー様あてに検定品を直送させていただく、なんてことも出来ますよ!


↓こちらはまだまだ現役のダルマプレス。手動です。
右側に見える長い棒を下げて、プレスします。サンプル抜きやはね出しスポンジを貼るときの空打ちなどに使います。操作が簡単なので、プレス機になれていない作業者でも安全に加工が出来るんです。
コンパクト、低騒音、無公害、省エネルギー(動力は作業者の体力)と、最新のエコカー並みに環境に配慮してます。

ダルマ

あまり見かけない機械ですので、お時間のあるときに見にいらっしゃってください(笑)

型の強度アップ その2

スタッフブログのトップ画像を変更してみました。説明が無いと分かりづらいですが、弊社屋上から見える建設中の東京スカイツリーです。

建物の竣工(完成)まで1年を切ったそうですが、現在の高さは539m。ビルの隙間から見えるタワーはかなりの存在感ですが、完成時には634mになるそうです。

最大20トンの材料を吊り上げるそうですが、突風に煽られても鉄骨材の姿勢を制御できるハイテククレーンが使われているそうです。高速回転させたコマを傾けると元の姿勢に戻ろうとする力が発生する「ジャイロ効果」というのを利用して、直径85センチ、厚さ24センチ、重さ700キロの鋼鉄製のコマを毎分約1400回転で回転させているそうです。

「ジャイロ効果」というと「ムラタセイサク君」を思い出しますが、やはり日本の技術力と発想は優れていると思います。個人的には駐輪中は絶対倒れない自転車や、タイマー撮影可能な一脚などが発売されるとうれしいです。

さて、先日0.7mm厚の刃の溶接が出来るようになったとお知らせしましたが、さらに直角部分の溶接も出来るようになりました!

yousetu-2.jpg

以前は直角部のバリ対策(刃の開き防止)に、0.1以下のRで製作する「Vカット」を案内させていただきました。しかし材料が厚い場合は製品に傷がついてご迷惑をおかけする場合もありました。しかし、これで解決できます。

中マド部には、内側から溶接いたします。

yousetu-3.jpg

抜きの問題解決に是非お役立てください。
(その他のトムソン型(ビク型)についての製品情報は、こちらのページからどうぞ。 http://senju-die.co.jp/product/diecut.html

iPhoneとiPod touchに対応しました

最近のiPhoneの普及ぶりはすごいですね。特に女性の所持率が高くなったと思います。少し前まではGeekな女子しか持っていないように感じましたが...

しばらく更新されていなかったスタッフブログを、再びご覧いただきありがとうございます。弊社も流行(?)に乗り遅れないためにも、この度iPhone&iPod touchに対応しました。

iPhoneまたはiPod touchでhttp://senju-die.co.jp/staffblogにアクセスしていただくと、自動的にiPhone&iPod touchに最適化されたページが表示されます。
記事のみの表示になりますが、通常のページよりも軽い動作でご覧いただけるかと思います。
(対応したのはスタッフブログのみで、ホームページはPCと同じ表示になります。)

これからはマメに更新していきたいと思いますので、たまにご覧になってください。
一読ありがとうございます。

型の強度アップ

ここ数日はさらに冷え込みが厳しいですね、体調を崩されている方もチラホラ。
新型インフルエンザも流行しているようです。こまめな手洗いとうがいで、予防したい思います。あとは、充分な栄養とみかんバカ食いと早寝。体が大きくならないように気をつけます。

今朝のニュースで、ルノー社幹部の技術情報漏えいの事件が報道されました。特許申請手続き前の情報も含まれていたとのことで、大変なことです。その技術を確立するまでには長い時間と、大変な努力をされていたことでしょう、心が痛い。

その幹部たちには、中国側から多額の報酬が支払われていたとか...許されざる行為ですね。
こういう場合、中国側は罪に問われないのでしょうか?早急に事件解決してほしいですが、流失した情報は戻ってこないですよね。被害が最小で済むことを願うばかりです。

さてさて、まだ景気回復には時間がかかりそうですが、不況に負けてはいられません。弊社も厳しい状況ですが、思い切って秘密兵器を導入しました。

何ができるかというと...

yousetu-1.jpg


溶接です!

はい、ちっともすごくありません。普通です。
もちろん以前より溶接は出来ましたが、それは刃厚1.0mm以上の刃のみ。
広く使われている0.7mm厚の刃の溶接は難しかったのです...。今まで使っていた溶接機では、刃に穴があいてしまったり、刃先ズレができたりと問題が多かったのです。

今回導入した機械では、0.7mm厚の刃もバッチリ!型の強度アップ間違いなし!
材料が厚い、堅いなどで刃の開きや刃のつなぎ部のバリなどでお困りの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

(その他のトムソン型(ビク型)についての製品情報は、こちらのページからどうぞ。 http://senju-die.co.jp/product/diecut.html

実はコレ、さらにスゴイことが出来ます。
それはまた次回に。

過去の記事へ

ホーム> スタッフブログ > 技術情報 Archive

検索
フィード

ページの先頭へ