【続】毎日たった15分寝るだけで腰痛が良くなる方法

以前に投稿した”毎日たった15分寝るだけで腰痛が良くなる方法”の記事のとおり、本当にストレッチポール®に毎日15分寝るだけで腰痛が改善されたのですが、考えてみるとその行為のどの部分が腰痛改善に役立ったのか分からない自分がいます。 記事を読んだ方に質問されても、結局はなんでだろうね!?で終わってしまい、ちゃんと答えられません。考察してみたいと思います。

ストレッチポール®に寝るという行為について

円柱形で硬めのスポンジのような材質のストレッチポール®には、基本的にこういう体勢で寝転びます。

基本姿勢です

バンザイをしたり、

腕や脇の下が伸びます

脚を伸ばしています。

腸腰筋が伸びます

ストレッチする際によく聞く、痛気持ち良いくらいで数十秒キープするや、伸びてるな~と感じたところでキープして無理に伸ばさない、といった注意がありますが、ストレッチポールでは特定の場所が伸びていると感じることはあまりなく、写真のようにバンザイをしたときや脚を伸ばしたときの腕や脇の下、腸腰筋などが伸びてる感覚がありますが、基本姿勢でのストレッチ感は皆無です。

それなのになぜ腰痛にきくんだろう?

コリと痛みのメカニズムは?

筋肉は疲れると硬くなる

私は毎日、パソコンでの業務がメインになりますので、同じ体勢で椅子に座り続けています。重い頭部を支え、肩をいからせながらマウスとキーボードを操作する日々ですから、当然のことながら首、肩、腰が凝って硬くなります。筋肉は動かさないと血行が悪くなり、老廃物や乳酸が溜まってコリが進行して、ひどくなると痛みが生じます。私の場合は、首も肩も凝ってはいるものの、痛みが出るのは決まって腰でした。

身体の仕組みの勉強から得たもの

趣味でマラソンをしているので、日々の身体的なトレーニングとは別に、もっと楽に速く走れるような方法を模索していく中で、胴体(体幹)の強化方法や使い方を学びました。
身体の真ん中を貫いている骨、脊柱と呼ばれますが、頚椎、胸椎、腰椎と3つの部分の分けられることが多いです。
骨の数でいうと、

  • 頚椎:7本
  • 胸椎:12本
  • 腰椎:5本

それぞれの可動域は、

頚椎胸椎腰椎
屈曲35°~50°30°~40°50°
伸展80°~95°20°~25°15°
回旋左右90°左右30°左右5°
側屈左右45°左右25°左右15°~25°

となっているそうです。
数値的にも、頚椎がもっとも大きく動き、腰椎がもっとも小さい。胸椎と比べても腰椎の動かせる幅はわずかです。
脊椎は身体の真ん中を一本で貫いていますから、腰を動かそうと思ったら胸椎も同時に動きます。脊柱のなかで一番割合の大きい胸椎の硬さ=可動域が狭くなると腰の可動域も狭くなり、動きが悪い腰の筋肉の血行が悪くなり、コリが痛みに変わっているのではないかと思いました。

胸部のストレッチを調べる

胸椎をストレッチして硬さをとり可動域が大きくなると、腰の動きも良くなって腰痛も改善するのではないかという仮説のもと、胸部のストレッチをウェブで検索すると、背中(肩甲骨)と併せて伸ばしたり、特に捻るストレッチが多く紹介されています。いくつかじっくり試しましたが、肋骨が開いて呼吸が楽になったり、スッキリしますので、やはり胸椎まわりが固くなっているといった印象。ただ普段動かさない場所のストレッチは若干キツいことが多く、毎日続けられる自信がありません。

ストレッチポールが一番効いていると思われる部位

ストレッチポール®に乗る時の基本姿勢です。
15分間のほとんどがこの姿勢です。

頭部から写してみると、ストレッチポールの円柱の真上に沿っている脊柱を支点に、矢印の方向に胸が開いているようストレッチされています。

ストレッチポールの上ですが、腕を普段の位置にもってくるとこんな感じ。

検索して試した胸部のストレッチでは、胸椎を分割してストレッチするようになりますが、ストレッチポール®では胸椎全体を一気にストレッチしているように思いました。なによりキツい体勢でするストレッチと違って、ただ寝るだけで胸椎全体がじんわりとストレッチされているようです。肝心の腰については、どちらかというと自重で骨盤が開く方向にストレッチがなされているように思いますが、やはり胸椎に効果が出ていると思われます。

毎日の習慣づけが肝心

胸椎の硬さ=可動域の狭さが腰痛の原因になっているという仮説は、ほぼ正解ではないかと思います。胸部のストレッチを何種類か組み合わせて胸椎の可動域が広がると、自然と腰椎の動きも良くなり、コリと痛みが解消されていくと信じています。ただし、それは毎日コツコツと習慣づけてやることが肝心で、私のようにズボラ時間に追われている社会人は、ただ寝るだけで腰痛が解消されるストレッチポール®を利用するのが最善ではないでしょうか?!

投稿者プロフィール

タカハシ
タカハシWeb Master
株式会社 千住抜型製作所のWeb担・中の人。a.k.a.マラソン☆おじさんです。
年に4~5本、マラソンを走ります。
Marathon/3:10:33、half/1:29:47、5000M/20:15
コロナ禍で大会がありません。
創業昭和33年の実績

創業昭和33年の実績

当社は1974年に日本で初めてレーザー光線を産業用に取り入れ、抜型業界の発展に尽力してきました。
数十万におよぶ抜型の製作実績で培われた技術で、抜き加工の様々な課題に対応しています。

抜きのワンストップサービス

抜型製造から抜き加工まで、社内設備で対応いたします。
試作品や量産品製造はもちろん、検定品測定後の型修正など、一貫生産体制を整えています。材料調達もお任せ下さい。

抜きのワンストップサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です